ベートーヴェン 交響曲第5番『運命』 ラインスドルフ / ボストン交響楽団

  1. 2013/01/31(木) 06:00:00|
  2. ベートーヴェン 交響曲第5番|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1967〜8年のセッション録音。低音の厚みが強調されているような気がしないでもないけれど、広がりと量感があり、かつ見通しの良い優れた音質と思う。



大ぶりで骨太な作品像は、わたしの中の1960年代の独墺系ベートーヴェンのイメーイジそのまま。
その意味で、楽曲のとらえ方は(当時としては)いたって常識的に感じられるけれど、そういうベートーヴェンを統制された機能美みなぎるアンサンブルで演奏している。

重心が低くて手応えのあるサウンドに、腰の座った足取りだけど、各パートの動きは機能的で明解でしなやか。アンサンブルの精度はとても高くて、厚い響きなのに均質化されて濁らない。



ラインスドルフの生み出す音楽は、その当時有力だった流儀に則って手堅く抜かりなく抑揚を聴かせるけれど、総じて生真面目で辛口で毅然としている。
たとえば第3楽章から第4楽章への接続にしても、緊迫感を煽る気配はない。第一楽章からの一貫した緊張感と重厚な響きのままで押し進めていく。
どのくらい面白味を感じられるかは聴き手によると思うけれど、演奏としての充実度はかなりのものと思う。

ただし、良くも悪くも隅々まで統制・管理されたマスゲーム的表現であって、それぞれのパートが活き活きと色づいて歌い弾む、というような風情は感じられない。
おまけに色彩感も乏しいから、表情豊かとか多彩というような形容はむつかしいかも。

ベートーヴェン 交響曲第5番『運命』 マゼール / ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

  1. 2012/02/07(火) 19:00:00|
  2. ベートーヴェン 交響曲第5番|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1958年のセッション録音。50〜60年代のイエス・キリスト教会での録音は再生が難しい、わたしにとっては。少なくとも、どんな再生環境でも真価を発揮してくれる、という質の録音ではない。情報量はそれなりに多いけれど、音がかなり響くので、不用意に再生すると混濁気味に鳴ってしまう。



当時29歳、マゼールがヨーロッパに乗り込んできた頃の録音らしい。
あいにくとマゼールの演奏をそれほど聴いていないので、この録音当時とその後のマゼールを比較して語れない。

明るくて艶があって鮮やかな『運命』。第四楽章にこの演奏の特徴がよく出ていると思う。シリアスに勝利を歌い上げるというより、楽曲の濃密で華々しい書法を楽しむかのように演奏している。楽器間のバランスを思い切りよく切り替えたり、切れ味よく音量を変化させたりして、冴えた表情を作り出していく。このあたりは若きマゼールなりのケレンだろうけれど、堂に入っている。
とはいえ、作品像を崩すようなアクの強さではない。暗から明へのドラマより、書法のおもしろさを聴かせることに軸足を置いた、スムーズな表現と感じる。

勢いがあるし、ベルリン・フィルの量感を引き出してスケール感はほどよく大きい。ただし、音塊状に鳴らすことはないし、物量で押し寄せてくることもない。あくまでもスマートに、明解に。
冒頭に書いた録音の扱いにくさを乗り越えると、ベルリン・フィルから艶と張りのあるサウンドを引き出していること、細部まで行き届いてカラフルであることが伝わってくる。

十分以上に達者だけど、器用さが走りすぎることはなく、マゼールなりにこの音楽の魅力やおもしろさを率直に表現しているように聴こえて、好感触。

ベートーヴェン 交響曲第5番『運命』 レイボヴィッツ / ロイヤル・フィル

  1. 2011/09/21(水) 14:30:00|
  2. ベートーヴェン 交響曲第5番|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1961年のステレオ録音。全集からの1枚。
残響多め。鮮度はまずまずで、空間はかなり広がり、量感十分。

ポップな響きはロイヤル・フィルの持味なのか、録音の特性なのか。重厚さとかいかめしさを求めるわけではないけれど、なんというか、ベートーヴェンはもうちょっと芯のある音で聴きたい。



キビキビとしたテンポで歯切れよく、力強く進む。ベートーヴェンの指定したテンポに則っているらしい。そして、本場の味を含めて、一切の方言を感じさせない。明解で壮快なベートーヴェン。

緻密というほどではないけれど、テクスチュアは明解。サウンドバランスはスッキリ方向で整っている。全体に薄味だけど、(わたしが)欲しい表情は一通りキャッチアップされている。 オーケストラのコントロールは安定しており、ロイヤル・フィルのサウンドは好みでないとしても、演奏は手堅い。



なんとも語りにくい演奏。「語り口」とか「味わい」めいたものを感じない。作曲者や作品に対する思い入れを感じるわけでもない。しかし、そういうことを別として、何か欠けている要素があるかというと、思い当たらない。
よく出来ているけれど無個性な演奏、と片付けてしまうには、音楽は活き活きと脈動していて通り一遍ではない。演奏として行き届いていながら、音楽を脈動させながら、演奏者の体臭を消し去っている。

どうやって聴衆を魅了するか、みたいな職業的な演奏家の視点を切り捨てたところで演奏しているような感じ。指揮者がいい意味で黒子に徹していて、そういうスタンスが作品との距離を生み出して、歪みのない作品像につながっていると思う。

黒子に徹するて言っても、オーケストラ任せにしているのではなく、あれやこれやに目配りしバランスをとりながら、能動的に自分の体臭を消している。指揮者的に知的な演奏だと思うけど、それすらも容易に気どらせない。

ベートーヴェン 交響曲第5番『運命』 ケンペ / ミュンヘン・フィル

  1. 2011/09/10(土) 17:00:00|
  2. ベートーヴェン 交響曲第5番|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1971年のスタジオ録音。全集からの1枚。
空間の広がりは感じられるけれど、年代にしては見通しがいまひとつな録音。



力感を保ちつつ、中庸のテンポで、丁寧に、きめ細かく演奏されている。テンポの安定感とか低音厚めのサウンドのせいか、神経質な印象はないけれど、音楽の肌理は細かく、ときに繊細といえるほど。特定のパートが突出することはなく、細身でしなやかに動き、伸びやかに鳴る。激しい場面でも力まない。

低弦部は常にそしてかなり厚いが、やわらかく広がって、量感とひろがりをもたらすような鳴り方。包み込むように、まとわりつくように常に響いている。細やかな表現を際立たせつつ、それでも音楽の力感とかスケール感を引き出すためには、こういう質の低音が必要なのだろう。

細かいことをいろいろしながら、それらをバランスよくまとめて、全体としては自然体っぽい風貌を生み出している。 質朴なタッチだけどよく練られたアプローチ、と思う。



両端楽章では、部分に目を凝らすと細やかでしなやかだが、全体的な鳴りっぷりには量感と手応えがある。肉厚な低音と安定した足取りが効いているようだ。
さすがに、肉弾相打ちながら激しく切り込む、みたいな状況にはなっていない。秩序だっているというか、一定の枠内で展開されているような感触はつきまとうので、突き抜けるような壮快感はない、と感じる。
それでも第四楽章はそれなりに盛り上がる。聴き手を駆り立てるようなグイグイとした盛り上げではなく、厚くて広がるサウンドをベースに、アンサンブルの密度と切れで、一体となって盛り上げてくる。盛り上がりのカーヴは緩やかであっても確実。
興奮度は控えめながら、力感みたいなものは堪能できた。

第二楽章はこの演奏のマイルドなタッチが活きそうな楽章、と思ったのだけど、確かにハマっているけれど、彫り浅くメリハリなく流れているようにも聴こえる。

この交響曲を落ち着いて味わいたい聴き手向けの演奏と言えそう。



ミュンヘン・フィルの、素朴で艶と柔らかみのあるサウンドはなかなか魅力的。この演奏だけでは、どこまでがケンペによるもので、どこからがオーケストラの持ち味なのかわからないけれど、言いかえると、そのくらいに両者がシンクロして聴こえた。

技術的に手堅くて不満を覚えることはないが、ケンペはアンサンブルの密度で勝負する芸風なので、さらに腕の立つオーケストラと組んでいたらどうだったろう、という興味を覚えないわけではない。

ベートーヴェン 交響曲第5番『運命』 クリュイタンス / ベルリン・フィル

  1. 2011/09/07(水) 07:00:00|
  2. ベートーヴェン 交響曲第5番|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1958年のスタジオ録音。ステレオ録音。
古臭いサウンドで、見通しはよろしくないが、ホールに音が広がっている雰囲気は伝わってくる。この仄暗さは、録音に起因しているのだろうか?

亡くなるまでの18年間、パリ音楽院管弦楽団の首席指揮者をつとめていたクリュイタンスは、まごうかたなきフランス音楽の名匠。 が、バイロイト音楽祭に招かれたり、ベルリン・フィル初めてのベートーヴェン交響曲全集の録音を作ったり(今回取り上げるのはそのうちのひとつ)と、ドイツ音楽の分野でも認められた存在だったようだ。



クリュイタンスは、ことさらに非ドイツをアピールする素振りは無いし、かといってドイツ風に振る舞おうともしていない、ように聴こえる。率直に自分のベートーヴェンをやっている、と感じられる。

感情移入を感じさせるアプローチではないが、音のドラマとしての展開は織り込まれていて、盛り上げるべきところは盛り上げる。知的だけどクールというわけではない、という立ち位置。
造形は端然としており、ゆとりのある安定したインテンポで進められる。

低弦部の響きは厚め。当時のベルリン・フィルの持味なのか重厚感はそれなりに出ているが、方向としては、重みと伸びやかな広がりを両立させるような鳴らし方。それによって、スケールが大きく、厚みとか量感を感じさせる枠組みが形作られている。
そうした枠組みの中、各パートは折り目の綺麗なフレージングで、端整なアンサンブルを展開している。



第一楽章は曲調にあわせて力強い表現。足取りは落ち着いていて、前のめりにならない。厚くて広がりのある低音が全体を押し包んでいるので、見通しが良いとは言いにくいが、かといって音が塊になっている印象はない。ゆとりあるペースにのって、個々のパートは伸びやかに歌いかつ響いている。しっかり歌わせているけれど、フレージングに粘りとか硬さがなく、特に木管は軽やかなくらい。開放感を生み出している。
重厚感と開放感の独特のバランスがある。

第二楽章は面白い味わい。風格を感じさせる落ち着いたペースでじっくりと歌い継がれるが、リズムの刻みに独特の軽みと歯切れ良さがあって、華やいだ調子が少しばかり付与されている。狙ってやっているというより、クリュイタンスの染み付いたリズム感だろう。

第三楽章も堂々として伸びやか。やはりフレージングは粘らず、リズムは歯切れが良い。トリオの部分は、激しさよりも、小気味よいリズムに気持ちよさを感じる。そのぶん第四楽章への移行は軽め。

第四楽章は十分大きく力強いが、勝利の雄叫びという感じは乏しい。フレージングは折り目がキレイで粘らない。リズムは正確で小気味良い。端整な表現が、勢いはあるけれど決して前にのめらないインテンポにのせて、わかりやすく展開されていく。オーケストラの渋いサウンドゆえに華やいだ雰囲気こそないけれど、どことなく壮麗さを漂わせている。

ティンパニの扱いが興味深い。 他のパートの背後で音楽に凄みや重みをもたらすような鳴らし方をしていない。独立した1パートとして、向かって右手に、ティンパニの引き締まった控えめな連打が、鮮明とは言えない録音の中からくっきりと聴こえてくる(録音上の操作はありそうだけど)。量感より小気味よさで楽しませる。 この独特の用法は、力強いけど威圧しない表現に一役かっているようだ。



クリュイタンスの持ち味の中にはベートーヴェンとの相性が心配になる要素もあるけれど、当時のベルリン・フィルの渋くて力強いサウンド等々と組み合わさって、総体としては明快で親しみやすいベートーヴェンになっている、と思う。ひとまずは、作品の構造と書法を斟酌した、明晰で親しみやすいベートーヴェン像、といっていいと思う。
そのうえで、クリュイタンスの持ち味、強烈ではないけれど確固とした持ち味をどう聴くのか、ということになりそう。

次のページ