マーラー 交響曲第9番 バーンスタイン / イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

  1. 2013/02/18(月) 12:05:09|
  2. マーラー 交響曲第9番|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1985年のライブ録音。イスラエル・フィルのレーベルHelicon Classicsによる実録ライブ。



バーンスタインの、ただごとではない思い入れの強さが感じられるし、隅々まで感じ尽くし、考え尽くしたような音楽をやっていると思う。
それがオーケストラに強く浸透しているようで、個々のパートの表情は気持ちがこもっていて生々しい。
この指揮者の、フレーズの一つ一つに命を吹き込む力は群を抜いていると思う。



しかし、マーラーの楽想を鮮やかに再現できているかというと、いささか心許ない。

もともと、各パートの線を織り上げてひとつの大きな流れを形作る、というやりかたではなく、個々のパートをニュアンスたっぷりに鳴らして、そのすべてを聴き手に伝えるべくバランスさせる、というような響きの作り方だと思う。
(わたしの読みが正しいとして)その狙いはほぼ達せられているけれど、音と音の際(きわ)の制御に恒常的な緩さを感じる。

そのために、個々のパートの響きは透明度が高いけれど、アンサンブルの総体としては、濁りがちだったり、煤けているように聴こえる。
低音パートが暗騒音っぽく響きがちだし、対向旋律のコントラストがルーズな傾向にあると感じる。

見方を変えると、各パートの響きの連動がもうひとつなので、明確なサウンド・イメージを提示するとか、オーケストラ総体としての伸びとか広がりとかうねりを生み出すとかが、不十分と感じられる。

たとえば第一楽章中間辺り、カオスに展開される場面では、各パートの輻輳した動きが浮き上がってこないので、カオスというより混濁に近いような。
また、静けさが支配する終楽章の後半、最弱音で演奏されていても静寂には至らない。



整った美しさより、生々しく脈動させることが重視されているのは間違いなさそうだけど、決め所で鮮やかな統率を聴かせることもなく、終始淀んでいるように聴こえる。
演奏に臨む姿勢とは別に、オーケストラ・ドライブ力の弱さがあると思う。

一方、楽曲への思い入れの強さや読みの深さは非凡と感じられる。

いずれにしても、情緒的な入れ込みの強いアプローチに、淀んだ響きがあいまって、負の感情が渦巻いているような、独特の音楽になっている、と思う。