XMplayの低音

  1. 2010/07/06(火) 01:04:28|
  2. PCオーディオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
やっちまったようだ。いい音で鳴っていたので、ヘッドホンのエージングはほぼ終了していると思い込んでいた。実際は、低音が発育途上だったみたい。

ずっとXMplayの低音は薄いと感じていたし、以前の記事にそのように書いた。しかし、先週久しぶりに聴いてびっくり。楽器の響きが思いがけなく生々しい。音のキャラとして重い低音ではないけれど、量も伸びも必要十分。

たぶんXMplayは、BASSの音のクォリティをアピールする使命を帯びているのだろうから、半端な音であるはずはなかった。いまさらそれを認識することになった。

基調として爽やかに鳴らす傾向を感じるけれど、帯域バランスが良くて、キャパの広い再生ソフトだと思う。音楽の情緒に浸れる点では、ひときわ好ましく思える。
相対的な持ち味はこれまでの記事どおりで良いような気はするが、XMplayを見る目はすっかり変わった。