シューマン 交響曲第3番『ライン』 シャイー / ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

  1. 2012/11/30(金) 06:00:00|
  2. シューマン 交響曲第3番|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2006年のセッション録音。マーラー編曲版というのが謳い文句の交響曲全集から。



もともとオーケストレーションに問題が多いとされる楽曲だけに、マーラー編曲版を全面的、部分的に採用している演奏は多いようだ。それでもマーラー編曲版を強調するということは(表紙の中央にデカデカと刻印)、完全準拠の録音は希少なのだろうか。

いずれにしても、マーラーの編曲を味わうのにふさわしい演奏かというと、微妙なところ。シャイーの解釈の個性が強くて、演奏の特徴が版に因るのか、演奏者の解釈に因るのか判別が難しい。
シャイーの望む演奏をやり遂げる方便としてマーラー編曲版が採用されている、と考える方がしっくりくる。



浅めの呼吸で、きびきびと歯切れ良く音楽の流れを刻んでいく。フレーズのつながる感じよりも、変化をメリハリよく聴かせようとする。
この浅い呼吸とメリハリのために、「流動感を背景にさまざまな情景が巡っていく」みたいな感触は微塵もなくなっている。楽曲にまつわるイメージより、その書法のコントラストを活き活きと描き出すことに徹している感じ。
おそらく第五楽章以外は、良くも悪くも他とかなり違った風に聴こえるはず。

もともと『ライン』の渾名はシューマンが与えたものではないそうだから、ある種の情景を彷彿とさせるようなアプローチが正しいとは限らない。
とは言え、聴き手の想像力を喚起しそうな要素をバッサリと切り捨てての、快刀乱麻のアプローチは大胆。

作品の実像に迫るためにあえて標題性を拭い去ってみた、という感じではなく、シャイーらしさを強く打ち出している。その流儀を受け入れることができるなら、フレッシュなシューマン像を楽しめるかも。



シャイーのオーケストラ・ドライブは切れ味が良い。それでいて、メカニカルな感触は皆無。活き活きと健康的に躍動する。
外声部主体のバランスで、音像の見通しはそこそこだけど、明朗かつ落ち着いた色合いのサウンドは、耳に気持ちよい。


Amazon

チャイコフスキー 交響曲第6番『悲愴』 フリッチャイ / ベルリン放送交響楽団

  1. 2012/11/26(月) 20:03:21|
  2. 音楽のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1959年のセッション録音(ステレオ)。録音後長らくお蔵入りになっていたものが、1996年にリリースされて話題になったらしい。
録音会場(イエス・キリスト教会)の特性か、うねるような音響。それでいて、こもった感じはないし、ディテールまで聴き取れる。優秀な録音。



間合いをたっぷりととった、大きな身振り演奏。渾身のダイナミックな表現を繰り広げている。ドラマ性をとことん追求したような解釈だけど、陽性のドラマではなく、雄渾で青白い悲劇。

その特徴がわかりやすいのは第二楽章。ワルツのリズムとほの暗いフレーズが入り交じる楽曲だけど、リズムの軽快感より、腰の入った深いフレージングが強く訴えてくる。

フリッチャイは第一楽章に不満があって発売を保留していたらしい。
そう言われると一部に粗さがあるような気はするけれど、それはそれとして、一発勝負のような鬼気迫る表現で、異様な迫力がある。



表情は濃いけれど、そこに甘味成分は含まれていない。リズムには手応えがあって、フレージングには芯があって、サウンドの色彩感は乏しい。感傷やメロドラマ臭は感じられない。厳しい音楽をやっていると思う。
また、録音会場の音響特性ゆえか、うねるような響き具合で、物々しい雰囲気を醸し出している。しかし、厚ぼったい音作りではなく、弦が強めながら、整ったサウンドバランス。

そういうことが影響しているのか、濃い演奏ではあるけれど、濃厚風味というのではない。繰り返し聴いて、もたれる感覚はしない。



一途でシリアスな凄みの反面、武骨で色彩はくすみ気味。"融通無碍のうまさ""小技の冴え"みたいなものは乏しくて、聴きようによっては、偶数楽章はいささか剛直に聴こえるかもしれない。

ここに《悲愴》交響曲のすべてがあるとは思わないけれど、この交響曲の劇性を引き出した演奏として、おそらくは特筆すべき録音なのだろう。


Amazon

ブラームス 交響曲第3番 テンシュテット / ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

  1. 2012/11/23(金) 06:00:00|
  2. ブラームス 交響曲第3番|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1983年のライブ録音。ディテールの鮮度はそこそこだけど、雰囲気がよく伝わってくる音質。



これを初めて聴いたときに湧いてきたのは、「テンシュテットは1980年代の初めのロンドンで、こんな素直なブラームスをやっていたんだなぁ」という妙な感慨。
小細工も山っ気もなく、ロマンティックな方向性で、まっすぐに思いを込めて演奏しているように聴こえる。

ブレンド感の強い、やや甘い響きながら、内声部を活かした密度の濃いアンサンブル。このあたりはテンシュテットらしさを感じさせるけれど、らしさがそのまま出ているだけで、ことさらの自己主張は感じない。
力強いけれど、必要以上に聴き手を煽ることはない。厚みと量感は相応にあるけれど、各声部のバランスは穏当に保たれている。表情たっぷりに歌わせるけれど、楽曲のフォルムは安定している。

テンシュテットの腕があれば、より色鮮やかでパンチのある表現ができるはずだけど、そんな素振りは微塵もなく、ただ楽曲に寄り添い、あるがままに任せるように演奏している(ように聴こえる)。
ロンドン・フィルの渋くてマイルドなサウンドが、ケレン味のなさを強めている。



何の変哲もない演奏と言えるのかもしれない。「これがテンシュテットのブラームスだ」みたいな主張はあんまり感じられなくて、ただブラームスの3番目の交響曲をきいているだけ、という感覚。

でも、やる気がないとかではなくて、「聴き手に作品を味わってもらえればそれで十分」という肚で演奏に臨んでいるような印象。
あるいは、ドイツ出身の演奏家として、正統を示そうとしているのか。

そういうことを、卓越した上手さを持つ指揮者がやっているところに値打ちがある、と思う。そして、こういうノリこそブラームスの音楽にふさわしいのかもしれない、と考えなくもない。

チャイコフスキー 交響曲第6番『悲愴』 クレツキ / フィルハーモニア管弦楽団

  1. 2012/11/18(日) 14:09:43|
  2. チャイコフスキー 交響曲第6番|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
1960年のセッション録音。EMIによる録音をmedici MASTERSが正規ライセンス復刻。
この盤の音質は驚異的に良い。最新技術で修復された旧い名画を観るような。
不自然なくらいにいい音なので、いろいろと手が入っているのだろうけれど、聴いていて不自然さを覚えることはない。



構成とか書法の描き出し方は明解。たとえばテンポの変化はそれなりにあって、即物的な感触はないけれど、フォルムを歪めたりテクスチュアを曇らせるようなことはない。

オーケストラを明晰に鳴らすクレツキの手腕は素晴らしい。透明に磨き上げるとかの高踏的な美意識より、あるがままを平明かつ明解に聴かせる風なのだけど、この聴き古した交響曲の多彩な響きにハッとさせられるくらいに鮮やか。

第一楽章の中間部や第三楽章などの激しい場面では、サウンドの物理的な力で攻めるより、多様な音のひとつひとつを力強く、切れ味よく駆動して、壮快に掻き鳴らす。冴えたオーケストラ・ドライブ。



構成・書法を明解に知的に聴かせながら、各パートの鳴らし方はときに情熱的に、ときにウェットで濃やかに。すみずみまで明解に聴かせながら、かつすべての音をしっとりと色づかせる。

知的にコントロールされているけれど、そういうアプローチでもって情熱的に演奏している。そこのところのバランス感覚は独特で、うまく言葉にできない。
そして、内に渦巻くものの力は大きい。

ことに第四楽章中間部の弦の歌わせ方にはしびれた。切れ味のあるキリリとしたフレージングながら、艶のある深い音と振れ幅の大きな歌いっぷりで、彫りの深い表情と、息を飲むくらいの激しい迸りを聴かせる。

濃厚な情念の息苦しさや身振りの大きな演技抜きで『悲愴』交響曲のポテンシャルを味わいたい、というわたしにはピッタリの音盤と思う。

シューマン 交響曲第3番『ライン』 ドホナーニ / クリーヴランド管弦楽団

  1. 2012/11/14(水) 12:47:09|
  2. シューマン 交響曲第3番|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1987年のセッション録音。



シューマンはオーケストレーションが不得手とされる。特にこの交響曲では、豊かなニュアンスを出すために積極的に音を重ねていることが、裏目に出ているように感じられる。

が、稚拙なものを稚拙なまま聴かされてもおもしろくない。シューマンが狙ったであろう本来の演奏効果に(想像上のものだけど)どこまで迫ってくれるか、というのが鑑賞ポイントの一つと思う。



ドホナーニは、颯爽とした足取りながら、高精度のアンサンブルと透明度の高いサウンドによって、この交響曲の書法を濁り無く響かせている。

このテンポでやってしまうと、一流どころであっても、混沌と響きがちなのではないかと思う。そこのハードルを軽やかにクリアしているところが、聴きどころではないだろうか。とても渋い聴きどころだけど。



音の出し方が軽くて、低音を緩く広がるように響かせているから、ディテールが克明に浮かび上がってくる、というのではない。サウンドのブレンド感を濁り無く聴かせる。

また、各楽器が持っている固有の音色を完全に取り除いて、全パートを均質に響かせようとする意志を強く感じる。よって、色彩感のようなものを感じない。

この響きが作曲者の構想に近いとは思わないけれど、楽譜に大幅に手を入れないで、このテンポで気持ちよく鳴らすために、こういう音作りは有効なのだと思う。



上のとおりサウンドの色彩感はないけれど、それ以外の点では活き活きとしている。控え目だけど、やるべきことをやってくれている。第四楽章あたりも、あっさり系のテイストだけど、開始とともに崇高な空気がフッと広がる。
造形としてはかなり締まっているはずだけど、軽くて鋭敏な発音とほどよい量感(重くならないけれど、薄くもならない)のおかげか、息苦しさや角張った感触は皆無。

他の演奏と比較するとあきらかに薄味だけど、色彩感の無さを除くと、とてもバランスよく聴こえる。もったいぶらずに、テキパキと手際よくさばくのが、作曲者の意図に近いのではないか、と思える程度には。

次のページ