ブラームス 交響曲第3番 ムーティ / フィラデルフィア管弦楽団

  1. 2012/12/26(水) 06:00:00|
  2. ブラームス 交響曲第3番|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
1989年のセッション録音。物理的な特性も優れているけれど、それ以上にセンスの良さを感じさせる録音。サウンドを豊かにブレンドさせながら、混濁する感じがなくて、情報量が多い。



ブラームスの音楽が内面のドラマの表象である可能性を微塵も感じさせないで、複数の楽器が音をあわせてニュアンス豊かな響きを奏でるという意味での合奏の妙味で聴かせる。
そういう行き方への賛否はともかくとして、このアンサンブルの魅力と見事さは尋常ではないと思う。

とりあえず、録音を含めてサウンドが魅力的。乾いているけれど、精妙で豊か。華やかさと気品が両立されているような、曰く言い難い心地よさがある。そして、演奏のうまさは抜群。

合奏としてはとことん磨かれているけれど、提示される作品像はいたって平明。演奏の技量の高さは、楽曲の書法をくもりなく、にじみなく明解に提示することにも寄与している。
ある部分で割り切っているぶん、華やかではないけれど緊密で洗練されているブラームスの手腕を、ストレートに伝えてくれる、ように聴こえる。



こういう演奏の様式美を追求するタイプのアプローチは、表現の標準化の度合いが大きくなりがち。演奏途中でこちらに慣れが生じてしまうと、飽きないまでも、先の展開に対するワクワク感は減退する。
これも、そういう危険性のある演奏かもしれない。

でも、こういうレベルの高いアンサンブルは、ブラームスの音楽にとって大きな価値を持つと思いたい。

スメタナ 連作交響詩『わが祖国』 レヴァイン / ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

  1. 2012/12/20(木) 06:00:00|
  2. 音楽のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1986年のセッション録音。



米国出身の大指揮者が、西欧の名門オーケストラを指揮して、ドラマティックで濃厚な『わが祖国』を聴かせる。

『わが祖国』なんていうタイトル、愛国的な内容から、異国の演奏者が楽曲のドラマの世界に入り込むのはためらわれそうだけど、米国出身の指揮者がそんなことで物怖じしていたら、何もできなくなってしまう。なんてことをレヴァインが考えたかは分からないけれど、劇場仕込みの表現力で描き切っている。



量感たっぷりの厚い響き、生々しい金管群、野太い打楽器。粘り気のあるウィーン・フィルのアンサンブルがあいまって、厚い響きがホール内をダイナミックにうねるよう。

楽曲のテクスチュアを精妙に織り上げるというより、オーケストラを物々しく、派手に鳴らして、ドラマティックな展開を強く打ち出すような様子。

響きの透明度はあまり感じないけれど、かと言って音が被さりあったり濁ったりすることはなく、鈍重な音楽にはなっていない。レヴァインの捌きのうまさを感じる。



大河ドラマ風で粘っこい味付けは好みが分かれるかもだけど、叙事詩的な交響詩の方が映えるアプローチだと思う。思い切りよいオーケストラ・ドライブは迫力満点。
ただし、その屈託を感じさない派手な鳴らしっぷりは、かえってシリアスな気分を損なうように聴こえる危険性あり。

「自然とか景色を描き出す」系の交響詩の場合、イメージされる光景は本場物の演奏とは異なる。風は暖かく感じられるし、さしかける日差しは強そうだし、草原の緑も鮮やか。
というか、オーケストラを景気良く鳴らしすぎて、そもそも自然とか光景をイメージしにくかったりする。

レヴァインは、もしかしたら標題性にはこだわらずに、スメタナの起伏の大きなオーケストレーションをダイナミックに息づかせることに専心しているのかもしれない。


Amazon

スメタナ 連作交響詩『わが祖国』 ノイマン / チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 (1975)

  1. 2012/12/15(土) 06:00:00|
  2. スメタナ 『わが祖国』|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1975年のセッション録音。高音のメリハリが若干強調されているような感じだけれど、優秀な録音だと思う。サウンドイメージが自然で、情報量豊富。



とりあえず、ノイマンの演奏様式の洗練とチェコ・フィルの磨かれたアンサンブルに感心させられる。

楽曲の構成・書法を浮き彫りにするように、引き締まっていて切れ味が良い。低音をスッキリと響かせて、各パートの質感をくっきりと聴かせる。

造形としては緩みを感じさせないけれど、それでいて、アンサンブルはしなやかだし、サウンドはほんのりと艶とか潤いを帯びていている。瑞々しさを絶やすことがない。

スケール感は標準体型という感じで、緩急のコントラストを際立たせるような大きな身振りはないけれど、引き締まった緊張感を背景に、音の強弱をメリハリよくダイナミックに聴かせる。
特に盛り上がる部分でのたずな捌きは頼もしい。パンチを効かせながら、にじみや濁りを微塵も感じさせない。

チェコ・フィルの演奏は、きらびやかではないけれど、ものすごくうまいしキャラが立っている。



『わが祖国』の形式的な面でのポテンシャルを顕にするようなアプローチだし、洗練された手並みと思う。
ローカルな美質を残しつつも、愛国心めいたキャッチ抜きで、母国の大作曲家の代表作の普遍的な価値を示そう、とノイマンが意図したかは分からないけれど、もしそうだとしても何ら違和感を感じさせないような演奏、と思う。



一方、交響詩としての標題性は弱い。様式的な方向での引き締めが強い分、喜怒哀楽といった情緒を刺激するとか、こちらの想像力をかきたてることはない(たぶん)。交響詩のイマジネーションの世界に遊ぶには不向き、と思う。

終曲の「ブラニーク」なんか、ダイナミックな息遣いでメリハリ良く展開されるけれど、英雄譚としての高揚とか火照りとは無縁な感触。

交響詩に何を期待するかは聴き手次第だけど、この演奏の弱点となりうる側面だと思う。


Amazon

ブラームス 交響曲第3番 シューリヒト / シュトゥットガルト放送交響楽団

  1. 2012/12/09(日) 15:45:25|
  2. ブラームス 交響曲第3番|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1954年のライブ録音。旧いモノラル録音ながら、放送局の正規の音源であり、また不自然にならない程度に、音の広がりを感じさせる効果が付加されていて、明瞭かつ臨場感がある。



分厚く量感たっぷりなブラームスに食傷気味になって、ピリオド楽器による演奏、小編成オーケストラによる演奏をいくつか聴いてみたけれど、往々にして、サウンドと一緒に味わいまで薄くなる感じがする。

そんな中、このシューリヒトの旧い演奏に手応えを覚える。
この指揮者が学究的な意欲をどの程度持っていたかは知らないけれど、聴く限り、内発的な表現意欲でもって、室内楽的で親密なアンサンブルを生み出している。
理論先行で音楽を型にはめる感じがしなくて、活き活きとして自由闊達。"解釈"とか"演奏様式"といったお堅い成分が完全にこなれて、"語り口"として昇華されているような。



現代楽器によるものでも、すべてのパートが聴き取れるような演奏は珍しくない。しかし、それらの多くは、各パートが均等ということではなくて、歴然と弦楽器優位のバランスになっている。
雄弁に歌いまくるヴァイオリン群に彩りを添えるように、低弦群のたっぷりとした量感の中に漂うように内声部が扱われる。

ブラームスは、パート間のバランスにおいて、弦楽器群の優位をある程度は意図していたような気がする。
要は程度の問題で、あたかもワーグナーやブルックナーの面影を求めるように分厚くやられてしまうと、ブラームス練達の書法が歪められてしまう。やたら重厚で濁ったサウンドに陥ってしまう。そういうのを"ブラームスらしさ"とは思わない。



シューリヒトの繰り出すアンサンブルでは、内声部と外声部のバランスが均等に近い。もっぱら、対等な重みを与えられたそれぞれのパートのコンビネーションによって音楽を織りなしていく。
もともとが渋くて低回的な第三交響曲の第二、第三楽章では、内声部を豊かに響かせるアプローチのメリットを特に感じる。起伏の乏しい楽曲だけど、各楽器が入れ替わり立ち替わりで音楽の色合いを移ろわせていく。

弦楽器の歌う特性を抑え込むことはないけれど、それらを突出させることもないから、量感たっぷりの演奏と比較すると、あっさりとして聴こえる。この録音で言うと、両端楽章は相対的に軽量級。スリムなサウンドとキビキビと進む足取りゆえに。
しかし、音の物理的な圧力や、大きな音を出す楽器の押し出しに頼らず、気迫溢れるアンサンブルで畳み掛けるこのやり方の方が、ブラームスの記した音符を活かしきっているような気がする。

両端楽章を肥大化させないことにより、4つの楽章のバランスはよくなっていると思う。この方が標準体型に近いんじゃないだろうか。



シューリヒトの耳の良さとか統率力を考えると、その気になればビシッと揃った合奏を引き出せそうだけど、おそらく彼はそういうものを最優先としていない。
アンサンブルの精度については、それが一定の水準を超えていたら良しとして、むしろ生命感とか多彩な表現を生み出すことに力を注ぐような。
これはライブ録音だし、整い、磨かれた演奏とは言い難いのだけど、それを補って余りある感興がある、と思う。感じ方は人それぞれだろうけど。



軽快感とか歯切れの良さの裏返しとして、湿り気とか粘り気みたいな性質が乏しくなっている。剛性感も乏しい。わたしの中のブラームス像に完全に一致するわけではない。
とはいえ、わたしにとって、この交響曲の特筆したい演奏であることにかわりはない。


Amazon

スメタナ 連作交響詩『わが祖国』 ベルグルンド / ドレスデン・シュターツカペレ

  1. 2012/12/04(火) 14:10:46|
  2. スメタナ 『わが祖国』|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1978年のセッション録音。音の場の広がる感じはもう一息という印象だけど、明解なディテールを豊かな響きが包み込む、という感触が気持ちの良い音質。



軽くて切れのあるリズム。鋭敏で抑揚がある。ただし、鋭さとか角張った感触はなく、軽快に、スムーズに展開させていく。
そして、それらをほどほどに緩くて量感のある低音パートが柔らかく包み込む。そのせいか、演奏の骨格はかなり引き締まっているけれど、それなりに恰幅の良い響き。

フレーズは、歌うというより、リズムにのって舞うような、しなやかにしなるような感じ。
「モルダウ」の歌い回しは、水面に波紋が次々と広がっていくような感触。メロディにどっぷり浸ろうとすると肩透かしだけど、別種の心地よさがある。

サウンドは、オーケストラや録音会場の特性を反映してか渋めの色合いだけど、テクスチュアはきわめて鮮明。落ち着いた色調ながら、カラフルといってもいいくらいに色数が多くて、それらがリズムにのって小気味よく回転していく。



『わが祖国』の交響詩としての世界観に入り込むより、鋭敏かつしなやかなやり方で楽譜を表現しつくそうとしているようだ。
ドラマとしてのダイナミズムよりも、上に書いた演奏様式の徹底を重視している感じ。姿勢としてはいたってクール、と思う。

そして、ベルグルンドのオーケストラ・ドライブは壮快だし、ドレスデン・シュターツカペレは、柔軟な機動力でもって応えている。全体に渋めの艶ののった響きが魅力的だし、繊細な場面での磨かれた美しさ、激しい場面での歯切れの良さは特筆ものと思う。

演奏によっては野暮ったく響くことのあるスメタナのオーケストレーションが、ずいぶんと見通しよく色鮮やかに聴こえる。
ローカル色と距離を置いて、スメタナの力量を堪能する思い。



この演奏に限らず、様式美重視のアプローチによる『わが祖国』を通して聴く場合、後ろの2つの交響詩「ターボル」「ブラニーク」が鬼門になると思う。

この2つは特に叙事詩的な性格が強く、演奏者が語り部となって名調子を聴かせてくれる方が具合が良い、と思う。
スメタナの表現力は相当なものと思うけれど、かと言ってワーグナーの楽劇のような、音楽がドラマをすっかり内包しているような域に達しているとは感じられない。
楽譜をきっちりと音に変換するタイプの演奏では、今ひとつ盛り上がれない、個人的に。

ベルグルンドのこの演奏も例外ではないと感じる。
小気味の良い展開と豊かな色彩感で、構成とか書法のおもしろさを味あわせてくれる。これはこれで魅力的と思うけれど、作曲者の意図した英雄譚としての楽しさとは違うような気がする。
そして、そのぶんだけ、先の4つの交響詩と比べて聴き劣りを覚えてしまう。

とはいえ、演奏者の表現力の問題というより、楽曲の特性(あるいは限界?)によることと考えたい。
個人的には、ベルグルンドのシベリウスの演奏を聴いたときよりもずっと強く、この指揮者に興味を感じた。


Amazon