ベートーヴェン 交響曲第9番『合唱』 クレンペラー / フィルハーモニア管弦楽団 (1960 ライブ)

  1. 2013/01/03(木) 06:00:00|
  2. 音楽のこと|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
1960年のライブ録音。モノラル。高低の伸びは物足りないけれど、聴こえる帯域に関しては良好。響きがうねる感じはかろうじて伝わってくるし、内声部の表情づけなどまで聴き取ることができる。



ピリオド楽器・奏法による復元が進む今日では、旧時代の作品像と言えそう。とは言いながら、彼も人の子だから時代の影響を免れないだろうけれど、楽曲の成り立ち・仕組みをそのまま音として聴かせようとする彼のアプローチは、時代の流行り廃りの影響を受けにくいような気がする。

モティーフが組み合わされ、高層に組み上がっていくメカニズムにこそこの交響曲の醍醐味があると見なすならば、クレンペラーのアプローチは作品の本質を端的に突いている、と思う。
一方、全人的なテーマ性とか、音のイリュージョンをこの交響曲に求めるなら、クレンペラーの演奏にそういう要素がないとは言わないけれど、特に彼の演奏を選ぶ必要はないと思う。

楽曲のメカニズムを聴かせるのはクレンペラーだけではない。
ただ、この指揮者は、名曲のメカニズムの見事さに自ら感銘し、何よりもそのことの素晴らしさを聴く者に伝えたい、という情熱を持っているような気がする。このあたりは、作曲家であろうとしたこの指揮者のこだわりかもしれない。
いずれにしても、彼の演奏において、楽曲のメカニズムの表出が最優先事項であるように感じられる。
そして、それゆえに、大ぶりな音響にもかかわらず、ソリッドな音楽と感じられる。

録音の制約があるので断言できないけれど、この演奏もそういう種類のアプローチと思われる。
そして、これまた録音の制約があるので断言できないけれど、充実度の高さと感興の点で、特に聴き映えのする演奏だと思う。



第一楽章から終楽章まで、指揮者もオーケストラも一貫して気合が乗っていて、しかし気負いは感じられない(終楽章の独唱陣には気負った感じがあるけれど)。

秩序を厳格に構築しながら、大きな情熱とエネルギーを放射している。品格ある静と威風堂々とした動が同時並行で成り立っていて、この充実した手応えは、他では得がたいものと思う。

イマジネーションを掻き立てるタイプの解釈ではなく、音楽を有機的に増殖させ展開させて行き、その活気とか、変化の妙味とか、運動性とか、秩序や調和の佇まいとかで聴く者を牽引していく。



そして、ウィーンの聴衆を意識してのことなのか、弦楽器をいつもより歌わせるなど、彼としては濃い目の味付けを施しているところが、数あるクレンペラーの第九の中での、この録音のおもしろさ。

第三楽章を流れるように速いテンポで進めるのはいつものことだけど、弦の歌が濃い目で、ちょっとした違いなのだろうけれど、少し印象が違って聴こえる。良し悪しとは別の次元で。

終楽章のエンディングでは、怒涛の高まりの中で、ヴァイオリンが突き抜けるように大見得を切る。大見得といっても、秩序を乱さない範囲で、いつもより強めにやっている程度のことだけど、この演奏にかける意気込みがビンビンと伝わってくる。

<<  マーラー 『大地の歌』 ホーレンシュタイン / BBCノーザン交響楽団  |  ホーム  |  モーツァルト レクイエム  コープマン / アムステルダム・バロック管弦楽団他  >>

コメント

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
この第九はCD初期から注目されていましたが、本人が目指す「緻密に 燃焼する」
という好例のように思えました。作曲をする指揮者と、指揮だけをする指揮者を区別
して、特に意識していたクレンペラーでしたが、その現れはそういうことかと読んで
いて思いました。ただ、1960年ならステレオ音源があってもいいのにと思います。
  1. 2013/01/03(木) 17:36:30 |
  2. URL |
  3. ライムンド #-
  4. [ 編集]

こちらこそよろしくお願いします。

クレンペラーの第九を全部聴いたわけではありませんが、これは会心の出来だと感じました。
録音が残っていただけであり難いと思う反面、演奏の出来栄えを考えると、録音状態にはないものねだりをしてしまいます。特にクレンペラーの芸風を考えると、ステレオ録音だったら良かったですね。
なお、久々にトラックバックさせてもらいました。
  1. 2013/01/04(金) 12:33:35 |
  2. URL |
  3. ひねもじら 乃太朗 #oXmgZ1Gk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.dtiblog.com/tb.php/256-87023ac8

1960年ウィーン芸術週間 クレンペラー ベートーベンの第九

ベートーベン 交響曲 第9番 二短調 op.125「合唱」 オットー=クレンペラ
  1. 2013/01/04(金) 18:44:30 |
  2. 今でもしぶとく聴いてます