ワーグナー 楽劇『ワルキューレ』 ゲルギエフ / マリインスキー劇場管弦楽団他

  1. 2013/03/10(日) 06:00:00|
  2. ワーグナー 『ワルキューレ』|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2011〜12年のセッション録音。『ニーベルングの指環』四部作の第一弾とのこと。



ワーグナーの楽劇というと、オーケストラが生み出す音響の巨大な渦の波間で声を張り上げる歌手たち・・・という図式が頭に浮かぶ。
ゲルギエフはそういうワーグナー観の真逆を行っている、ように聴こえる。
オーケストラは、音量の点でも雄弁さの点でも、歌唱陣を圧倒することなく、対等に協調しながら楽劇を形作っていく。

オーケストラの編成が(ワーグナーにしては)コンパクトであるように聴こえる。これまで聴きなれてきた響きのバランスを基準にすると、高弦は線が細いし、低弦は薄いし、木管の露出度が高いように聴こえる。

大音響の官能は乏しいけれど、それでもこの歌唱と管弦楽のバランスにはメリットを感じる。
威圧感のない管弦楽により、音楽の風通しが良くなる。そして、歌手たちは過剰に声を張り上げる必要がない。
特に情念が重苦しく渦巻くような第二幕は、いつもより聴き通しやすいだけでなく、作品の機微が明解に浮き上がってくるような感触を覚えた。



ゲルギエフはオーケストラの響きをシェイプアップした上で、繊細かつウェットな表現を繰り広げている。

わかりやすいところで、「ヴォータンの告別」あたりは、神話的な偉容はほとんど感じられなくて、ひとりの男の悲嘆をしっとりと奏で上げていく感じ。
ゲルギエフが聴かせる細やかさは、響きの上での繊細感にとどまらず、楽曲に感傷的な相貌をもたらしている、ように感じられる。

一方、神話とかファンタジーの気分は乏しいように感じられた。
もしかしたら、情緒性とか抒情性が優先された結果、良くも悪くも"人間的"な側面が強調されすぎて、神々の物語としての偉容を殺いでいる、と言えるのかもしれない。



ゲルギエフのコンセプトは、歌唱の聴き方にも影響してくる。
たとえば、ヴォータンを演じるパーペから神々の長らしき風格を感じられないけれど、この『ワルキューレ』の中では、そういうことは問題と感じられない。むしろ、朗々と歌い上げる方が浮いてしまいそう。



奏でられる音楽自体は攻撃的ではないけれど、ゲルギエフのアプローチは大胆かもしれない。少なくとも、作品像を彼の感性で徹底的に洗い直し、作り込んでいる、と思う。
その手並みは徹底かつ洗練されていて、演奏として充実している。演奏芸術しては優れ物だろう。あとは聴き手の好み次第だろう。

<<  マーラー 交響曲第9番 バーンスタイン / イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団  |  ホーム  |  ベートーヴェン 交響曲第3番『英雄』 ティーレマン / ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.dtiblog.com/tb.php/266-be645eea