ブラームス 交響曲第2番 ヤング / ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団

  1. 2013/04/11(木) 15:21:34|
  2. ブラームス 交響曲第2番|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
2008年のライブ録音。
シモーネ・ヤングはオーストラリア出身の女性指揮者。2005年から音楽監督を務めるハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団との録音。



高弦のしなやかで軟らかい動き、なだらかなメリハリのつけ方なんかに繊細感を感じる。だけど、全体をひっくるめると、繊細な造りということではない。

各パートの線は太いし、総体としての響きはゆったりとしてスケール豊かに広がり、穏やかにうねる。響きの重心は低いけれど、しつこくもゴツくも重くもない。明るめの色合いで、天然素材っぽい触感を覚える。心地よい。

表情をきめ細かく作り込んでいる感じはしない。そんなに手の込んだことをやろうとしていなくて、各パートを抑揚豊かに、伸びやかに奏でさせて、全体をバランスよく、スムーズに流れるようにまとめている感じ。おおらかで自然体。



激しい表情は見当たらない。粘り成分とかパンチ力は少ない。淡白な傾向だけど、音楽の展開に即した自然な起伏は感じられる。
そんなに劇的な楽曲ではないから、作品像として穏当な範囲内と思う。

総体での響きを優先しているということかもしれないけれど、ブラームスの演奏としてはおおらか過ぎるような気がしないでもない。
少なくとも、ブラームスの書法を堪能するつもりで聴くと、おおらかさが淡白さとして、豊かな量感がだぶつきとして聴こえる危険性大。

表情の彫りが浅めだし、陰影のコントラストも控えめ。色彩的とも言いにくい。
また、終楽章のエンディングに、まくり上げるような爽快感みたいなものは乏しい。

が、耳の当たりとか雰囲気が良くて、自然体風の演奏を聴きたいとなれば、いい選択肢の一つかも。

<<  ベートーヴェン 交響曲第3番『英雄』 ティーレマン / ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団  |  ホーム  |  シベリウス 交響曲第6番 ネーメ・ヤルヴィ / エーテボリ交響楽団 (1983)  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notaro.dtiblog.com/tb.php/271-2256bf0b