ドヴォルザーク チェロ協奏曲 フルニエ / クーベリック / ウィーンPO

  1. 2011/02/28(月) 03:03:50|
  2. ドヴォルザーク チェロ協奏曲|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
1954年のモノラル録音。

フルニエは1962年にセル / ベルリンPOと同曲を再録音していて、わたしにとってお気に入りの演奏。作品のすばらしさを堪能するなら1962年盤と思う。

一方、「チェロの貴公子」と呼ばれたフルニエの個性は1954年の録音の方が顕著と思う。

録音方法に因るのだろうけれど、独奏チェロの音が前面に出ていて、細かい表現までが鮮明に聞き取れる。わざとらしいくらいで、ソロとバックの一体感は損なわれているかも。が、そのおかげでフルニエの妙技をつぶさに楽しめるのだから、痛し痒しというところか。

繊細で品の良い歌いっぷりながら、フレージングは引き締まって歯切れがいい。細身ではあるけれど、ひ弱ではない。
というか、確かにそこはかとなく気品が漂っているけれど、そればっかりの演奏ではない。フルニエがやろうとしているのは、旋律楽器らしい線的な流れを保持しながら、楽曲を極限まで明晰に表現することではないだろうか。知的でシャープなアプローチであって、わたしはこの演奏によって、楽曲についていくつかのことを気づかされた。
端正で節度を保っているけれど、やっていることは先鋭的かつ個性的。そのぶん聴き手を選ぶ度合いは高くなりそう。

個人的に、この作品にはスケール感とかおおらかさを期待するのだけど、乏しいというよりそういうものを狙っていない。

演奏の主導権はフルニエが握っている感じだけど、クーベリックの伴奏は充実している。ウィーンPOからしっとりとした美音を引き出し、フルニエのクールな質感に、うるおいをもたらしている。フルニエのソロに見合う細やかさを持ちながら、出過ぎない範囲で十分に力強い。

XMplay 3.6

  1. 2011/02/11(金) 17:27:30|
  2. PCオーディオ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
音質としてはDLLを差し替えたMediaMonkeyにひかれつつも、Windows2000で最新版が稼動し、おまけにマシン負荷が低いXMplayの使用頻度が高くなっていた。
ちょっと前に、そのXMplayが3.6にバージョンアップ。

前バージョン3.5から方向性は変わっていない、と思う。スッキリとしながら柔らか味のある音。量感とかパワー感はほどほど。
しかし、3.6になって透明度と音の抜けは大幅にアップした。思わず、DLLをとっかえひっかえ聴き比べてしまった。

* * *


バージョン3.5では、標準仕様でmp3を再生すると、音の抜けが物足りなかった。それが、3.6では不満が出ないどころか良好。大人しめの味付けなのでインパクトはほどほどだが、きわめてクリア。

Input pluginをin_!mpg123.dllにすると、音の彫りが深くなって、見通しと実在感が一段アップする感じ。あくまでも、圧縮音源にしては・・・だけど。
古いプラグインだけど、その音の純度を改めて実感した。

in_mad_dllに変えると、個々の音の実体感が後退するかわりに、空間の気配を感じさせる鳴り方。音抜けの良さや透明感とあいまって、サウンドの広がりとか浮遊感が気持ちよい。

* * *


前バージョンの方が音の輪郭がはっきりとしているし、標準仕様で独特のテイストを聞かせた。3.6では、良くも悪くもソフトの個性は薄まっている、と思う。

言うまでもなくハードウェアは変わらないから、音の変化を向上と感じるか変化と感じるかは人それぞれだろう。あるいは、変化を認識しない人もいるのかも。

わたし的には、旧バージョンを削除する方向で。